青の花茶が今SNSで超人気です。ダイエット効果は本当にある?副作用についても調べてみました。
MENU
青の花茶,ダイエット,副作用青の花茶,ダイエット,副作用

キレイなブルーのお茶「青の花茶」が素敵すぎて美味しい!!

 

お茶の色と言えば、緑色や茶色というのが普通ですよね。
でも今私がダイエットのために飲んでいるお茶は、びっくりするくらい真っ青なお茶なんです。

 

見た目だけだと「ブルーハワイ?!」と思っちゃう色なんですが、ほんのりした甘さが病みつきになる味です。
このお茶は「青の花茶」という名前で、知っている人はいち早くダイエットに取り入れているんですよ。

 

飲み続けて3カ月ほどたった私のダイエットへの効果はというと......

 

少しずつですが気になる部分がスッキリしてきています。
体重に急激な変化はありませんが、毎月少しずつ減っていってる感じです。

 

キレイなブルーのお茶を飲む時間は、もうすっかり習慣化して、私にとっては癒しの時間となっています。
飲むだけでダイエット効果が期待できる素敵なお茶、「青の花茶」をご紹介します。

 

 

青の花茶ってどんなお茶?!

 

メディアで話題となってから、SNSに投稿する人がどんどん増えている「青の花茶」。

 

カロリー、糖分、カフェインがゼロなので、ダイエット効果も高いんです。2017年にはモンドセレクションも受賞しているんですよ。

 

真っ青なキレイ色は、「バタフライピー」というタイでは有名なハーブなどから抽出したもの。
見た目だけじゃなく味も美味しいので、苦もなくダイエットできると、女性を中心に人気となっています。

 

  • 料金:通常価格は5680円。1回のみ試してみたいときはこのお値段。

    ですが、月に1回4回の継続コースで申し込むと、初回特別価格980円になってお得なんです。

  •  

    →お得に買う方法はこちら

     

  • 原材料:バタフライピー、甜茶、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマ
  •  

  • 内容量:30包(1包で1リットル煮出すことができます)

 

 

 

 

青の花茶にはどんな効果がある?口コミをチェック!

 

青の花茶には、ダイエット、便秘解消、アンチエイジングの3つの効果があると言われています。
この3つの効果のほどはいかほどなのか、口コミからチェックしてみましょう。

 

 

(23歳事務職)
すっきりした甘みがあるので、甘いものを食べなくても大丈夫になりました。

 

3時のおやつを食べなくなったせいか、1ヵ月2s減。運動も食事制限も何もしなかったのに!


 

 

(33歳主婦)
運動なしで痩せれると聞いてはじめました。お茶の色に驚きましたが味は美味しいです。

 

1週間ほど続けましたが、体重に変化はありません。乾燥気味だった肌の調子がいいような気がしています。


 

 

(25歳アルバイト)
友達にもらって飲んでいます。お通じが不定期で便秘気味だったんですが、はじめに飲んだ次の日の朝、すぐにすっきりお通じがあったので嬉しかったです。


 

 

(35歳主婦)
週に数回、幼稚園帰りにお友達とお茶会をしています。スイーツづくりの得意な方がいてとても美味しくてつい食べ過ぎちゃうんですよね。
いつものお礼も兼ねて青の花茶を差し入れ。みんなびっくりしてました。お茶に甘みがあるせいか、お菓子にはあまり手を出さなくなりました

 

体重は減ってませんが、身体が軽くなったような気がします。


 

 

(31歳マスコミ)
帰宅が深夜になることが多く、職場で夕食を済ませているものの帰ってからお腹がすいて、夜食を食べることが多かったんです。この夜食をカフェインゼロの青の花茶に変えてみました。

 

甘みがあるからお茶でも満足感があります。1か月で5キロ痩せたのは、驚きました。


 

 

青の花茶の3つの効果は、間違いなくあるようですね。
あくまでもお茶なので、すぐに効果が現れなくても、継続して様子を見たり効果が出やすくなるように濃い目に出す、1日の回数を増やしてみるなど工夫するといいのではないでしょうか?

 

 

 

 

お茶の色が青、本当に大丈夫?副作用の心配はない?

 

カラー診断では、青は食欲を減退させる色といわれています。
そういえば青い食べ物なんてほとんど見たことがありませんよね。

 

はじめて「青の花茶」を見た方は、きれいだから飲んでみたいと思う方がいる一方、
体に何かしらの害があるのでは?と思う方もいるようです。

 

まず、「青の花茶」の真っ青なお茶の色は、合成着色料などでつけた色ではないのでご安心ください!
この色は、バタフライピーというハーブから抽出した色

 

バタフライピーは東南アジアが原産となるマメ科の植物で、朝顔に切り目を入れたような形の青い花が咲きます。このバタフライピーには、ポリフェノールの一種アントシアニンがたっぷり含まれていて、その量なんとブルーベリーの約4.2倍!

 

アントシアニンというと眼に良い効果があることで知られていますが、ここで特筆したいのは、血中の脂肪を減らしてくれる効果です。抗酸化や抗炎症効果も高いので、美容にもむくみ防止にも期待できるそう。

 

こんなにたっぷりの魅力的な効果がありますが、やっぱり青い色が気になる…という方もいるかもしれません。

そんな方は抽出したお茶にレモン汁を垂らしてみてください。

 

あーら不思議。
きれいなピンク色のお茶に変わりますよ。

 

これは、お茶に含まれる成分の組み合わせで起こる変化ですが、危険な変化ではありません。
ハーブティーのひとつにマロウティーがありますが、これと同じ原理
たくさん飲んでも副作用などの心配はありません。

 

アレルギーの心配もありませんが、バタフライピーはマメ科の植物なので、豆アレルギーの方は少しづついただいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

5種類のハーブがダイエットに効く

 

青の花茶を飲み始めた私は、最初の1か月で3キロの体重減となりました。

 

特に激しい運動を取り入れたわけではありませんが、青の花茶を飲んでいるからと安心せず、暴飲暴食しないようには気をつけました。
コンスタントに青の花茶を飲みつつ、運動や食事の管理を行うと、ダイエット効果が高いと思います。

 

青の花茶は、配合されている5種類のハーブが、ダイエットに効果的にはたらきます。
それぞれのハーブにどんなはたらきがあるのか、見てみましょう。

 

  • バタフライピー 原産国であるタイではアンチャンと言われ、昔から美容に効果のあるハーブとして親しまれています。

     

    青色の成分の元、アントシアニンがダイエット成功のカギ。老化の原因である抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも効果的なんです。

     

  • 甜茶 砂糖の何倍もの甘さがあるのに、カロリーはゼロという甜茶。ダイエットしているけれど、甘いものは忘れられないという人のツライ気持ちに答えてくれます。

     

    もちろん、糖を分解したりコレステロールを下げるなど、肥満を抑制する効果も期待できますよ。

  •  

  • アマチャヅル 必要のない脂肪を貯まりにくくしてくれるサポニンを多く含んでいます。このサポニン、漢方の一種、高麗人蔘にも多く含まれている成分なんです。体に良さそうですよね。

     

    抗酸化や免疫力アップのほか、お腹の冷えを起こさずリンパの流れを促進させるので、便秘も解消してくれるそう。

     

    中国で健康のために飲まれはじめましたが、日本をはじめ、アジア圏に広く自生しています。
    サポニンの鎮静成分で、ダイエット時のストレスも軽減させてくれます。

  •  

  • ラフマ 中国の一部に自生し、健康のために広く飲まれている薬用植物です。心臓や神経の病気や成人病の予防にもなるといわれています。

     

    抗うつ効果によりリラックスできるので、ダイエットで起こりがちなストレスを鎮めてくれます。

     

    フラボノイドに、ダイエット効果を高める効果があります

  •  

  • メグスリノキ 名前のとおり目の疾患に効果的と言われる植物。その昔、目薬として使われたこともあるそう。

     

    利尿作用や肝臓の解毒効果、コレステロールを減らすなど、むくみやダイエットにも効果的な成分もたっぷり含まれています。

 

 

痩せることに特化したハーブがこんなに使われているのですから、痩せないわけがありませんね!

 

色々なダイエットを試してはいるものの、続かない、痩せられない、甘いモノを食べたい、ついつい誘惑に負けて甘いモノを食べてしまうという人は、青の花茶をぜひ試してみてください。

 

痩せたいのにいつも途中で甘いモノの誘惑に負けてダイエットを断念してしまう私にも、ダイエットできました!

 

青の花茶はほんのり甘い味がついているので、不必要に甘いモノを食べたいという気持ちを抑えてくれるんです。

 

私と同じ、意志の弱い人にこそ試してもらいたいお茶です。

 

 

 

青の花茶を少しでもお得に買いたい!そんな方法はある?!

 

青の花茶を少しでも安くお得に買いたいと思いませんか?
私もどうせ購入するなら「少しでも安く買いたい!」と思って最初買うときにかなーりがんばって調べました。

 

インターネットでの購入なら楽天やAmazon(アマゾン)を利用したいという方は多いですが、残念ながら販売していませんでした。近くのお店もいくつか探しましたが、置いているお店、なかったです…。。

 

青の花茶を購入できるのは、公式サイトのみ。
通常価格は5000円を超えるので、お茶にこの値段はちょっともったいないと感じてしまいますよね。

 

ですが、買えば買うほどサービスが豊富なんです。

 

まず、はじめての購入で定期コースの「ラクトクコース」にすると、初回は980円で購入できるんです。さらに送料は全国無料、30日間は返金保証もあります。

 

お茶の味も効果のほども人それぞれだから、30日間の保証があるのは嬉しいですね。このまま継続するときには、2回目以降は20%引きになる特典もあります。

 

※定期コース注意点:解約・休止は4回購入後より可能
※定期コース解約:5回目発送予定日の7日前までにTEL連絡が必要

 

私もラクトクコースで申し込みして、味が気に入らなかったら返金保証を利用しようという思いで始めましたが、1年近くたつ今でも続けています。

 

 

 

 

青の花茶の飲むタイミング&飲み方は?

青の花茶はお茶なので、いつでも好きな時に飲んでかまいません。茶葉はティーバックに入っているので、迷うことなくお茶が出せると思いますよ。

 

ダイエットに効果的なお茶の作り方や飲むタイミングついてお伝えしていきます。

 

 

青の花茶を作るときは、ティーポットやマグカップに1包入れて沸騰したお湯を注ぎ、蓋をします。

 

ティーポットなら2〜5分
マグカップなら1〜3分ほど蒸らせば完成です。

 

蒸らす時間は好みの濃さに合わせて調節しましょう。
この時間で色が微妙に変わるのも、見ていてとても楽しいので、中が見えるポットで作るといいですよ。

 

1包で約1リットル分のお茶を作れるので、大きめのポットで一度に作ったほうがコスパがいいです。
成分の効果がたっぷり抽出されるのは、推奨量のお湯150ml

 

強力にダイエット効果を得たいときは、この量で続けてみてください。

 

ホット、アイスどちらもおいしいです。

 

アイスで飲むときは、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてつくります。
毎日続けてコンスタントに飲むのが効果的なので、冷蔵庫に常備して、少しづつ飲むのがいいですよ。

 

青の花茶を飲むタイミングは、いつでも「飲みたい!」と思った時がベストタイミングです。

 

食事の時に一緒に飲んだり、コーヒーや紅茶の代わりとか口が寂しくて甘いモノが欲しくなった時に飲むようにすると間食の回数が減らせます。
知らない間にダイエット効果があるのは嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ダイエットに効果的な青の花茶、いかがでしたか。

 

最近はお茶ブームで、職場や家庭にティーバックを常備している方が多いと思いますが、その仲間にぜひ青の花茶もいれてみてください。

 

自宅で真っ青なブルーに癒やされるのもよし、職場で淹れてみんなの注目の的になっちゃうもよし。ダイエットの効果もあると知ったら、女性はみんな飛びつくに違いありませんよね。

 

味ももちろんお墨付きですから、レモン汁も忍ばせて、手品みたいに披露するのも楽しいですよ!

 

 

更新履歴

このページの先頭へ